サクラシメジを求めて

russula.exblog.jp
ブログトップ

タグ:冬虫夏草 ( 11 ) タグの人気記事


2012年 03月 11日

「 ハナサナギタケ 」 (改訂)

山口県岩国市・12月

a0218435_23451351.jpg
a0218435_23452253.jpg


「 ハナサナギタケ 」・・・バッカクキン目バッカクキン科イサリア属からボタンタケ目ノムシタケ科イサリア属に変更
(山溪「日本のきのこ」改訂版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2012-03-11 23:50 | ノムシタケ科
2012年 03月 10日

「 ハチタケ・カメムシタケ 」 (改訂)

広島県 三次市作木村・7月、廿日市市吉和・8月

ハチタケ
a0218435_2119464.jpg

a0218435_2123328.jpg

カメムシタケ
a0218435_21291145.jpg


「 ハチタケ 」「カメムシタケ」
   ・・・バッカクキン目バッカクキン科トウチュウカソウ属から
          ボタンタケ目オフィオコルジケプス科オフィオコルジケプス属に変更
(山溪「日本のきのこ」改訂版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2012-03-10 21:56 | オフィオコルジケプス科
2012年 01月 17日

おぉ!?

山口県岩国市・9月

昨日、尾道キノコ少年がネット上でUPされている写真を拝見しました。もちろん冬虫夏草。その中にあった一枚の写真を見て、「おぉ??見たことある!」私が撮影して不明のまま保存している写真の中に「確かこんなのがあった!」と思ったのです。

引っ張り出してきて2枚を見比べて・・・「似てる!」

オレンジ色で、小さなツブ状の突起が多数あります。
a0218435_7552589.jpg


“オレンジ 冬虫夏草”というキーワードで調べたところ、すぐにたどり着きました。 『サナギタケ』
蛾などのサナギに生えるキノコで、確かに少年の写真には宿主のサナギが撮影されていました。

とても特徴あるキノコなので、今度見つけた時には宿主を掘り出して確認してみたいと思います。



それからもう一つ、今回サナギタケを調べていてまた以前ハナサナギタケ②としてUPした写真が違うものだったことに気づきました。
a0218435_826928.jpg

 ↑ の写真を「ハナサナギタケ」としてUPしていたのですが、これは「コナサナギタケ」という冬虫夏草で、違いはハナサナギタケのように枝分かれしていないということです。てっきり成長するにつれ枝分かれするものと思ってしまいました。


また新たな冬虫夏草を知ることが出来、間違いも発見することが出来ました。尾道太郎くん、どうもありがとう。
[PR]

by sakurasimeji | 2012-01-17 08:37 | バッカクキン科
2011年 12月 04日

「 セミノハリセンボン 」

広島県安芸太田町・8月

セミにカビが生えているのかと思って写真を撮っていました。
a0218435_22233297.jpg

後にセミノハリセンボンという冬虫夏草と判明。
a0218435_2225151.jpg

小さな虫ピンをたくさん刺したような状態です。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-12-04 22:28 | バッカクキン科
2011年 10月 03日

尾道キノコ少年の冬虫夏草

尾道市在住10歳のキノコ少年が1年半で見つけた30種類以上の冬虫夏草、広島市植物公園で1日と2日に開催された“野生のきのこ展”で展示公開されたので見に行ってきました。その少年がTVで紹介されたことを9月29日のブログに書きましたが、将来のキノコ界を背負って立つ頼もしい存在になりそうで、本当に喜ばしいことです。

よくこんなにたくさん見つけたなぁと驚くほどのコレクションでした。
a0218435_23281779.jpg

落ち葉などの茂みの中でこんなに小さなものがよく目に留まるなぁと感心しきり。
a0218435_23283097.jpg

「ぼくの冬虫夏草」と題して写真と説明を書き留めた2冊の記録帳もすばらしい。
a0218435_2334596.jpg
a0218435_23342089.jpg



私がキノコに魅せられてからまだ一年ちょっと。彼の方がうんとキノコ歴が長いわけで、しかもこれから60年70年ものキノコ人生を送れる年齢。私はあと20年か頑張っても30年が関の山で、素直に羨ましいと感じました。あんなに幼い時から夢中になれるものを見つけるなんて、本当に素敵なことです。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-10-03 23:55 | バッカクキン科
2011年 09月 29日

「 ハナサナギタケ 」 ② (※訂正「コナサナギタケ」)

山口県岩国市・9月

昨日のNHK「お好みワイドひろしま」で、尾道市のキノコ少年の話題を放送していました。
4歳の時公園で見つけたキノコに魅せられてから6年、山に通い詰めてキノコのエキスパートになっているそうです。
重厚なキノコ図鑑の内容も書き換えが必要になるくらいの発見もあるそうです。すばらしい!
将来は冬虫夏草の先生になりたいとか。頑張ってほしいと思います。心から応援しています。

この放送を教えてくれたのは結婚して家を出ている娘で、電話で情報提供してくれました。番組を見終わった後、お礼兼感想をと娘に電話しました。「良かったね~。面白かったよ。あんたのとこに孫が生まれたら、母さんが山へ再々連れて行ってキノコ少年にしてあげるけ~ね~ ♪」 有難迷惑でしょうかね(笑)

尾道のキノコ少年が、一年半で数十種類の冬虫夏草を見つけ標本にしているそうで、10月1・2日(土・日)に、広島市植物公園で開催される『野生きのこ展』で展示されるということです。見に行かなくちゃ!



私が今までに見つけた冬虫夏草は、ハチタケ・カメムシタケ・ハナサナギタケの3種類。

 ↓ の写真は一番最近見つけたハナサナギタケです。
a0218435_834712.jpg

これくらい小さいものです。
a0218435_882588.jpg


山で遊べる子どもがいることを知ると、とても嬉しくなります。自然のすばらしさを体感して自然の大切さを学び、地球にとって必要な環境を維持していく力を備えた人になって地球を守ってほしいと思います。子どもや孫やそのまた子どもたちが生きていく時代も、人にやさしい地球環境であって欲しい。幸せな人生を送ってほしいと切に願います。


※2012.1.17 「コナサナギタケ」に訂正。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-09-29 08:19 | バッカクキン科
2011年 08月 08日

「 ハチタケ 」

廿日市市吉和・8月

再びハチタケ発見。
今日はどうしても最低一つは冬虫夏草を見つけて帰る! その意気込みの中、やっと一つ見つけました。
a0218435_1004076.jpg

掘り起こしてみると、途中でちぎれてしまったのかもともとなかったのか解りませんが、蜂が完全な姿をしておらず残念。羽根が確認できるので胸の部分でしょうか。
a0218435_1032479.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2011-08-08 10:04 | ノムシタケ科
2011年 08月 07日

「 アンズタケ 」

広島市安佐北区・8月

オレンジ味がかった黄色で傘はじょうご状。アンズ(アプリコット)の匂いがすることからアンズタケと呼ばれているそうですが、帰宅後そのことを知ったので残念ながら確認していません。

a0218435_10323874.jpg


いつも帰って調べてから、「傷をつけると変色する」とか「白い液が出る」とか、「鼻をそむけるほど強烈に悪臭がする」「柄の中が空洞になっている」などと、同定するのに重要な特徴を知って、「あ~ちょっとだけ傷付けてみれば良かった」とか「におってみれば良かった」とか残念に思うのです。もっと熱心に探究しないとあやふやなままです。

そういえば昨日アップした「ハナサナギタケ」
a0218435_10485486.jpg

ネットでいろいろ見てみると、
分布は全世界。何処の渓谷を探索しても、必ず会える。探索の初心者には、心強い虫草です。

な~んて書いてある ヾ(´ε`*)ゝ 知る人には、ありふれた冬虫夏草だったようです。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-08-07 10:50 | アンズタケ科
2011年 08月 06日

「 ハナサナギタケ 」

広島市安佐北区・8月

山の中、ブッシュをかき分けいつものように生き物探し。
キノコや粘菌、蛾、幼虫・・・たくさんの生き物を見つけ、新しく発見したものも数々。
中でも今日の 最高の収穫は 「 ハナサナギタケ 」、冬虫夏草です。

枯葉から突き出しているキノコらしきものを連れ合いが発見。
白い粉を吹いていて、枝先がいくつにも分かれた植物のようなサンゴのような感じです。
a0218435_22251419.jpg

a0218435_2319219.jpg


「これ何じゃろね~、キノコかねぇ粘菌かねぇ」
持ち上げると白い粉がフワ~ッと散って指先も真っ白。
「キノコっぽいね」
「葉っぱが丸まってない?中に虫がおるかもよ?冬虫夏草かも!?」
「広げてみよう!広げてみよう!!」
はやる気持ちを抑えながら丁寧に丸まった葉を広げてみました。
a0218435_22411038.jpg

「うわぁ~やっぱり虫がおるよ~!冬虫夏草じゃ~~!」

中にいたのはサナギでした。サナギから葉を突き通して生えていた「 ハナサナギタケ 」です。
蝶や蛾の“鱗翅類”と呼ばれる昆虫のサナギに寄生するキノコです。

日本とネパールで産すると「日本のきのこ」には書いてありますが、2国限定なんでしょうか。レアものを見ました。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-08-06 23:18 | ノムシタケ科
2011年 07月 24日

冬虫夏草 Ⅱ

19日に三次市作木村の山中でハチタケとカメムシタケを見つけた話を書きました。
その後、冬虫夏草のことを調べてびっくり!
とても貴重な、そして効果絶大なる漢方薬なんですね~。
今まで見たことがなかったのは、気に留めていないせいもあったけど、そこらじゅうにあるものじゃなくて絶対数の少ないものだったからなのかも。
まだまだ研究が進んでいないらしく、すごいものかもしれないけど実態がよくわかりません。謎に包まれている・・・

カメムシタケ
a0218435_6103738.jpg

a0218435_6154295.jpg

ハチタケ
a0218435_6232492.jpg

a0218435_6243343.jpg


19日のブログの締めくくりに「山歩きの楽しみが増えました。次に見つけるのは、カブトムシ?オニヤンマ?」と書きましたが、カブトムシ・クワガタ・カミキリムシに生えた冬虫夏草は今まで発見されていないそうです。それらを見つけたら、新種発見なんだそうです。すごいΣ(・。・ノ)ノ!
[PR]

by sakurasimeji | 2011-07-24 06:38 | オフィオコルジケプス科