カテゴリ:オフィオコルジケプス科( 3 )


2012年 03月 10日

「 ハチタケ・カメムシタケ 」 (改訂)

広島県 三次市作木村・7月、廿日市市吉和・8月

ハチタケ
a0218435_2119464.jpg

a0218435_2123328.jpg

カメムシタケ
a0218435_21291145.jpg


「 ハチタケ 」「カメムシタケ」
   ・・・バッカクキン目バッカクキン科トウチュウカソウ属から
          ボタンタケ目オフィオコルジケプス科オフィオコルジケプス属に変更
(山溪「日本のきのこ」改訂版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2012-03-10 21:56 | オフィオコルジケプス科
2011年 07月 24日

冬虫夏草 Ⅱ

19日に三次市作木村の山中でハチタケとカメムシタケを見つけた話を書きました。
その後、冬虫夏草のことを調べてびっくり!
とても貴重な、そして効果絶大なる漢方薬なんですね~。
今まで見たことがなかったのは、気に留めていないせいもあったけど、そこらじゅうにあるものじゃなくて絶対数の少ないものだったからなのかも。
まだまだ研究が進んでいないらしく、すごいものかもしれないけど実態がよくわかりません。謎に包まれている・・・

カメムシタケ
a0218435_6103738.jpg

a0218435_6154295.jpg

ハチタケ
a0218435_6232492.jpg

a0218435_6243343.jpg


19日のブログの締めくくりに「山歩きの楽しみが増えました。次に見つけるのは、カブトムシ?オニヤンマ?」と書きましたが、カブトムシ・クワガタ・カミキリムシに生えた冬虫夏草は今まで発見されていないそうです。それらを見つけたら、新種発見なんだそうです。すごいΣ(・。・ノ)ノ!
[PR]

by sakurasimeji | 2011-07-24 06:38 | オフィオコルジケプス科
2011年 07月 19日

冬虫夏草

広島県三次市作木村・7月

山道を歩いていて見つけた冬虫夏草。
「今までもきっとこんなの、生えていたんだよなぁ。」
気にも留めていなかったので、今まで見たことがありませんでした。
先日購入した、山溪カラー名鑑「日本のきのこ」で、この冬虫夏草を見ていたおかげです。
腐葉土の上にヒョロヒョロと黄色い子実体を伸ばしているのが目に留まりました。
a0218435_2285765.jpg

「ひょっとして・・・」
掘ってみました。出てきたのはスズメバチ。「 ハチタケ 」です。
a0218435_22145451.jpg

a0218435_22154267.jpg

少し離れたところで同じ色の子実体を見つけました。
a0218435_2228433.jpg

やはりスズメバチ。
a0218435_2229663.jpg

またきょろきょろと見回しながら歩いていると、今度は先端がさっきのより赤いのを連れ合いが見つけました。
a0218435_2234381.jpg

「これもじゃろ~」 「今度は何かね??」 掘って出てきたのは・・・
a0218435_2236125.jpg

カメムシでした。帰宅して本を見てみるとちゃんと載っています。「 カメムシタケ 」です。
a0218435_22451893.jpg

「日本のきのこ」によると、セミタケ、ヤンマタケ、アリタケ、テッポウムシタケ、コガネムシタンポタケ・・・などなど、生える虫の種類によって子実体もそれぞれ違うようです。

また一つ興味の枠が広がりました。山歩きの楽しみが増えました。次に見つけるのは、カブトムシ?オニヤンマ?
[PR]

by sakurasimeji | 2011-07-19 22:56 | オフィオコルジケプス科