サクラシメジを求めて

russula.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シワタケ科( 4 )


2012年 03月 07日

「 ハナウロコタケ 」 (改訂)

広島市安佐北区・10月

a0218435_2364554.jpg

a0218435_2375381.jpg


「 ハナウロコタケ 」・・・ヒダナシタケ目タチウロコタケ科ハナウロコタケ属から
                           タマチョレイタケ目シワタケ科ハナウロコタケ属に変更
                                    (山溪「日本のきのこ」改訂版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2012-03-07 23:18 | シワタケ科
2012年 02月 24日

「 ニクイロアナタケ 」 (改訂)

広島市安佐北区・9月

a0218435_21141118.jpg
a0218435_2114588.jpg

「ニクイロアナタケ 」
  ・・・ヒダナシタケ目サルノコシカケ科ニクイロアナタケ属から
         タマチョレイタケ目シワタケ科ニクイロアナタケ属に変更。(山溪「日本のきのこ」改訂版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2012-02-24 21:24 | シワタケ科
2011年 10月 24日

「 ハナウロコタケ 」

ごくごく普通に見られるキノコで、今、山の斜面のあちらこちらに生えています。
a0218435_23431676.jpg

光沢のあるうす茶色のヒダが波打って縁が白く、群生しているのでよく目につきます。
a0218435_2340383.jpg

a0218435_23372347.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2011-10-24 23:46 | シワタケ科
2011年 09月 25日

「 ニクイロアナタケ 」

広島市安佐北区・9月

昨日のブログの ハリタケ と逆に、針が突出しているのではなく孔があいている アナタケ

ヒイロハリタケと同じ背着生。折り重なった倒木の間を覗き込んだとき、朽木の裏側に広がって生えていた。
a0218435_8315726.jpg

きれいなオレンジ色。傘裏の管孔も、迷路状だったり不揃いだったり色んな形があるが、このニクイロアナタケは綺麗に揃った管孔をしているのが特徴。
a0218435_837777.jpg



ニクイロアナタケを調べるうち、以前多くのタコウキン科とされていた種類が、中には管孔でないものもあるため、現在はサルノコシカケ科と改められていることを知った。山溪名鑑「日本のきのこ」には未だタコウキン科と掲載されているため、参考にしてタコウキン科としてUPした「カワラタケ」「ヒトクチタケ」をサルノコシカケ科(※)に訂正した。

※ヒダナシタケ目サルノコシカケカ科ニクイロアナタケ属からタマチョレイタケ目シワタケ科ニクイロアナタケ属へ変更されています。(2011年12月25日発行 山溪カラー名鑑「日本のきのこ」増補改訂新版より)
[PR]

by sakurasimeji | 2011-09-25 08:54 | シワタケ科