サクラシメジを求めて

russula.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:所属科不明( 2 )


2012年 01月 26日

「 ヒイロニカワタケ 」 (改訂)

広島市安佐北区・11月

山と渓谷社発行の山溪フィールドブックス7「きのこ」に、オルビリアキン科として分類されていた子のう菌類のキノコです。2011年12月25日に発行された“改訂版山溪カラー名鑑「日本のきのこ」”には掲載されていないので、DNAを採用した最新の分類において、何科に所属するかは不明です。
a0218435_8145260.jpg

「日本のきのこ」に掲載されているオルビリア アウリコロールというキノコは、“ビョウタケ目オルビリアキン科オルビリアキン属”から“オルビリア目オルビリア科オルビリアキン属”に変更されているので、ひょっとしたらこのヒイロニカワタケもそれと同じ分類になるのかもしれません。
[PR]

by sakurasimeji | 2012-01-26 08:18 | 所属科不明
2011年 12月 22日

「 ヒイロニカワタケ 」(仮称)

広島市安佐北区・11月

径が数ミリの、小くて透明なオレンジ色。にかわ質。
a0218435_21551397.jpg



日本国語大辞典によると、に‐かわ【膠】とは

動物の皮、腱(けん)、骨、結合組織などを水で煮沸し、溶液を濃縮・冷却・凝固してつくった低品質のゼラチン。

とあります。

a0218435_21563366.jpg

a0218435_21572612.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2011-12-22 22:06 | 所属科不明