サクラシメジを求めて

russula.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:シロキクラゲ科( 3 )


2011年 12月 28日

「 コガネニカワタケ 」

広島市安佐北区・12月

ひろしま市民の里@安佐の活動中にボランティア仲間のYASUさんが山で見つけて来てくれたキノコです。
a0218435_9131671.jpg

a0218435_914513.jpg

「このキノコは何ね?」 「んーと~何だったっけなぁ。キクラゲの仲間でたぶんハナビラダクリオキンかなぁ」なんて、いい加減な返事しか出来ません。(汗) たくさんのキノコを見つけて調べていても記憶力がかなり衰えています!そういう年齢です(笑)
以前UPしたハナビラダクリオキンかと思い、帰宅後調べました。オレンジ色でこの質感、「やっぱりハナビラダクリオキンだな・・・ん??」
「ハナビラダクリオキン」に似たキノコに「コガネニカワタケ」というキノコがある・・・と書いてあります。よく読むと、ハナビラダクリオキンは針葉樹、コガネニカワタケは広葉樹の枯木に生えると書いてあります。

前回ハナビラダクリオキンとしてUPしたキノコは発生場所から、コガネニカワタケではなかったかと思われます。ん~何とも残念と言うかキノコは難しい・・・。というか、発生場所もちゃんと確認してなかったのかなぁとガックリです。

「コガネニカワタケ」・・・シロキクラゲ科、世界に広く分布している可食のキノコです。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-12-28 09:32 | シロキクラゲ科
2011年 12月 11日

「 シロニカワタケ 」

広島県安芸太田町・8月

「全体が白色で脳ミソ状。初夏から秋にかけて枯木上のコケの間に生じる。」 ( 山溪カラー名鑑『日本のきのこ』 による。)
a0218435_213721.jpg

キノコの多くが、図鑑に掲載されている写真や書いてある説明と全く同じでなく、明確に断定出来ないことが多い。これらのキノコも、シロニカワタケと思われるが、脳ミソ状というより一つ一つ突起があるようなものもあるし、白色というより少しピンク色がかっているのもある。
a0218435_21132972.jpg

a0218435_21141555.jpg

a0218435_21145815.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2011-12-11 21:20 | シロキクラゲ科
2011年 11月 07日

「 クロハナビラニカワタケ 」

広島市安佐北区・11月

キクラゲのかたまりかと思い、写真を撮りました。
a0218435_217633.jpg

帰宅後図鑑で調べたところ、シロキクラゲ科の「クロハナビラニカワタケ」。

シイタケ菌を植菌したほだ木に生えていました。まさに八重咲の花のようです。
[PR]

by sakurasimeji | 2011-11-07 21:19 | シロキクラゲ科