カテゴリ:ラッパタケ科( 1 )


2011年 08月 30日

「 フジウスタケ 」

広島県安芸太田町・8月

濃い色の山肌に白くて大きなキノコが目立っていました。
ラッパタケ科のフジウスタケ。処理の仕方によっては食べられるようですが、図鑑には毒キノコとして扱われています。
a0218435_7505344.jpg

表は中心が深くへこんでいます。ラッパのような形だからラッパタケ科。
a0218435_7551254.jpg

目につく裏側はしわしわのヒダ状です。
a0218435_751437.jpg

樹の下にも見つけました。
a0218435_814227.jpg

a0218435_8134225.jpg

老菌です。
a0218435_8164024.jpg

フジウスタケの幼菌でしょうか?ラッパタケ科の幼菌も生えていました。
フジウスタケより色が濃いので別の種類かもしれませんが近くに生えていました。
a0218435_8193998.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2011-08-30 08:26 | ラッパタケ科