2012年 01月 21日

改訂版購入に伴い。

山と渓谷社発刊「山溪カラー名鑑 日本きのこ」、初版発行から20余年を経て、大幅な改訂が行われました。改訂版によると、大きく変更された最大の理由は、DNA情報が菌類の分類にも活用されるようになったからで、これまでの子実体の形や胞子の色・形状などの形態的特徴を重視した時代からは想像も出来ないような新しい分類体系が提唱されるようになったから、ということです。

それも当然のことのように思います。今までキノコの世界はまだまだ不明のことが多く、時代の流れから大きく後退していました。DNA情報を活用されるようになったのは1990年代後半ということですから、やっとキノコ界も現代の科学技術を駆使して、正確な解析が行われるようになったのです。

当たり前のことと思う反面、見た目でしか判断できない私にとってはますます同定が難しくなったような気がします。山の中で、形を見て色を見て「どのキノコだろう」と想像して楽しんでいた私にとっては、自然を楽しむというより科学の世界に行ってしまった感がして、ちょっと複雑な心境です。が、私は私なりの楽しみ方で、これからも大好きなキノコを追いかけようと思います。

私が主として参考にしていたこの本の改訂に伴って、新しくブログを開設しなおそうかとも思いましたが、やはり今までUPした写真をすっかり過去にするのももったいないので、一つ一つ過去ブログを見直し、本に準じて修正していこうかと思っています。ちょうど今時期はキノコの最盛期ではないので、ぼちぼち地道に見直します。


テングタケ科 タマゴタケ
a0218435_872716.jpg

[PR]

by sakurasimeji | 2012-01-21 08:12 | etc


<< 「 ケロウジ 」 (改訂)      買ってしまいました。 >>